はじめよう実験計画

実験を早く終わらせるための技術

Rではじめよう実験計画法

ゼロから実験計画法をはじめる人には、個人的にはR言語をおすすめしたいです。本記事ではRで実験計画法をはじめるために必要なことをまとめてみました。

開発現場での実験計画について

新卒で某メーカーに就職して、数か月がたちました。 今はまだ研修中で、開発中の装置を先輩が動かしているのを横で見ているだけですが、だんだんと該当分野のことや、会社の技術のことが分かってきて、刺激の多い毎日です。 もちろん、研修中も、実験計画法…

Half-Normalプロット~要因効果の分析~

Half-Normalプロットは視覚的に効果の大小を比較できるようにしたものです。分散分析ができないとき、効果の大小を簡単に比較できます。

4成分系の配合計画のための正四面体プロット

4成分以上を扱う配合計画では実験点を2次元のグラフに表すことが出来ません。そこで、本記事では正四面体を用いた4成分系の配合計画における実験点の表し方について、まとめてみました。

Rを使ったBox-Cox変換

誤差が正規分布に従う仮定 Box-Cox変換 Rを使ったBox-Cox変換 まとめ 参考書籍 誤差が正規分布に従う仮定 通常の線形回帰分析では、データの誤差が正規分布に従うことを仮定しているため、データの誤差が正規分布に従わない場合、そのままでは回帰分析を行う…

phc曲線|『瀕死の統計学を救え』を参考に

Rを用いて『瀕死の統計学を救え』に出てきた仮説が正しい確率を表すphc曲線を書いてみました。

配合計画まとめ

配合計画は比率に関する実験計画です。本記事では、配合計画の作成方法と分析方法について簡単にまとめました。

Rを使ったD最適計画の選択

Rを使用してD最適計画を作成する具体的手順を説明します。

Rを使った実験計画おける予測の誤差分布グラフ(VDG)の作図

予測分散の散布度グラフ(VDG)によって異なる複数の実験計画における予測の誤差を比較することができます。Rを使用したVDGの作成方法についてまとめてみました。

計画の予測分散の評価|分散の散布度グラフ(VDG)

予測分散の散布度グラフ(VDG)によって異なる複数の実験計画における予測の誤差を比較することができます。本記事では、グラフの読み取り方を説明しています。